最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
信頼できる弁護士

複数の消費者金融から借金をしている人の傾向として、借金を返すために他の金融機関から借入を行い借金返済に充てるという自転車操業に陥っている人が大半です。
この状況になってしまうと、借り入れの総額がいくらになっているのか本人も把握していないケースが多々見受けられます。
現実を直視したくないという心理が働くので当然のこととも言えますが、そのような事態に陥ってしまったら思い切って弁護士に相談する事が大切です。
債務整理を専門に扱っている弁護士であれば、経験が豊富です。
また、債務整理に関する相談に訪れる人はお金に困っていることも理解しているので問題が解決してから相談料を支払うことになります。
まずは通常の生活を取り戻すために、借金を清算する事が最重要課題です。
一人では解決できない問題も債務整理のプロである弁護士と一緒であれば問題を解決する事ができますし、精神的な負担からも解放されます。
お金の問題は一人で悩まずにプロに相談する事が一番大切なのです。

プロに相談

多額の借金を抱えて返済に困っているとき、ひとりで悩んでいるだけでは解決は困難です。
たとえ借金をするに至った事情がどのようなものであれ、専門家に相談して、客観的な目で解決策を提案してもらったり法的な手続きを代行してもらったりすることは非常に有益です。
借金問題に関する専門家としては、弁護士・司法書士・行政書士といった人たちがいます。
このうち司法書士及び行政書士については取り扱う問題の内容や金額によっては業務が制限されることがありますが、弁護士ならば原則としてすべての案件を取り扱うことができます。
借金問題を弁護士に相談した場合、まず提案されるのが債務整理という方法です。
債務整理とは債務、つまり借金を対応可能なレベルに整理して、日常生活がおびやかされることがないよう、状況を改善することです。
代表的な債務整理の方法には、任意整理・個人再生・自己破産の3つがあります。
このうち任意整理や、金融機関等の債権者と直接交渉して、計画的な返済を行う代わりに債務の一部を減額したり利息を免除したりしてもらえるよう交渉することです。
お金のプロと交渉するわけですから自力で良い結果を導き出すのは難しく、専門家にまかせるのが安心です。
次の個人再生は、一定の期間(通常は3年以内)に完済できる程度の債務は返済を続けていく代わりに、その他の債務を免除してもらうというものです。
最後の自己破産は、必要最小限度のものを除いたすべての財産を債務と相殺する代わりに、残りの債務はすべて免除してもらうというものです。
個人再生及び自己破産はいずれも裁判所の許可を得なければならないため、複雑な法的手続きが必要となります。
適切に進めるには弁護士の助力が必須のものとなります。

オススメリンク

benngosi 3

専門家

債務整理には、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産などの方法があります。
任意整理以外は、裁判所を通じての手続きになりますから、法律の専門家である弁護士に依頼するケースが多いです。
弁護士は幅広い代理権を有していますので、手続きのどのような局面でも臨機応変に対応することができ?Read more

関連リンク